紅花畑のようす2016

img_1

 

山形県の県花でもある「紅花」。

その中でも、最も美しい染料として大切にされてきた在来種「もがみ紅花」を、

山形市漆山の農場で栽培しています。

春から秋にかけては、食用の若菜「もがみ紅花若菜ベニーリーフ」として

栽培・収穫・販売しているほか、その一部を花まで育て、

初夏の7月上旬~中旬にかけて花を摘んで紅餅にします。

 

先日、だんだんと開花してきた紅花畑の様子を、

空からドローン(!)で撮影していただきました。

この季節ならではの映像です。

どうぞご覧ください!

https://youtu.be/jOL8FIjhgjI